アーニー・ガンダーセン博士のメッセージ

アメリカの原子力研究者 アーニー・ガンダーセン博士が、年末に素晴らしいメッセージを発していました。
■アーニー・ガンダーセン博士のビデオメッセージ
簡単に内容をまとめると、
●福島第1の現場で何が起きているのか?
今後、十分に起こりうる大きな余震(または、あらたな地震)によって、緊急措置で張り巡らされている配管類と4号炉の使用済み核燃料プールが破壊されることを危惧しています。
●日本に暮らす人々の被ばく問題
日本政府が定めている20ミリシーベルト/年という基準に対して、警鐘を鳴らしています。「東京電力の経営の危機よりも、住民の健康の危機を選んだ」と厳しい一言があります。
●福島第1由来の放射性廃棄物をどうするのか?
日本政府が推し進める、放射性焼却灰の東京湾への埋め立てを非難すると同時に、それをバックアップするIAEAを鋭く批判しています。

20分ほどのビデオメッセージです。まずは、ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください