原子力マフィアの頭の中

これが原子力ムラ、いや、原子力マフィアの頭の中だ。 日本原電の副社長・和智信隆は24日、東海第2原子力発電所がある茨城県東海村と水戸市など周辺5市の首長に対し、同原発の再稼働を巡る自身の発言を撤回して謝罪した。和智は7日…

バラク・オバマ 広島スピーチ

2016年5月28日。バラク・オバマ氏が、アメリカの大統領として初めて広島を訪れました。 そこで行われたスピーチの内容は、明確に「核なき世界」への思い(核廃絶)を提起したものです。もちろん、矛盾や葛藤も含まれています。し…

4度目のスクラム

反対を押し切り再稼働した高浜原発4号機が、2月29日に緊急停止(スクラム)。 スクラムとは、原子炉の暴走を抑えるために、制御棒を一気に全挿入する緊急対応です。 これまでに、日本でスクラムを行ったのは、 ● 1991年2月…

福島第1 甲状腺ガンの実相

5月18日、福島県が事故当時18歳以下だった子どもたちに対する『甲状腺検査』の最新データを発表しました。 44万4,988人の受診者の中で、甲状腺ガンの確定が103人。100万人あたりにすると231人。通常、100万人に…

『高浜原発再稼働差し止め仮処分』の読み方

4月14日、福井地裁(樋口英明裁判長)が、関西電力高浜原発3、4号機(同県高浜町)の再稼働を認めない仮処分決定を出しました。再稼働差し止めです。仮処分とは、新たな司法手続きによってそれが覆されないかぎり、効力が有効だとい…

ホット・パーティクルを知る第一歩

チェルノブイリでは、現在、NPOが主催するツアーが行われています。立ち入り禁止のゾーン(原発から30㎞圏内)に入り、原発の一部も見学します。危険視する意見もあれば、「啓蒙のための観光」として評価する向きあります。ここでは…

火山と原発

言うまでもないことですが、日本列島は地震が多く、火山活動が活発です。どちらも、”世界有数の”と形容することに、誰も反対しないでしょう。 ユーラシアの東端にある日本列島。その下では、プレートと呼ばれ…

かつて最終処分場があった

映画『100000年後の安全』で取り上げたられたフィンランドのオンカロが、世界で唯一の放射性廃棄物最終処分場として注目されています。 そんな中で、「かつて最終処分場があった」という話題に焦点を合わせます。オンカロの前に「…

小さなチョウが教える原発事故の恐怖

ヤマトシジミ。 日本でもっとも一般的に見られるチョウです。この小さなチョウをめぐる論文が、世界的な科学雑誌・Natureに掲載されるなど、大きな反響を呼んでいます。 論文を発表したのは、琉球大学の大瀧丈二准教授(分子生理…

子どもたちの甲状腺ガンに再度注視を!

福島での甲状腺ガン検査、新しいデータが公開されました。 先に当ブログ『子どもたちの甲状腺ガン』で紹介したデータは、2013年8月23日検査分までの集計でした。今回、11月15日検査分までが出てきました。ちょっと恐ろしい数…