クリス・バズビー氏の論文

7月17日から21日まで、日本各地で講演や記者会見を行ったECRR(欧州放射線リスク委員会)のクリス・バズビー氏。福島第1の200km圏内では、今後10年の間に20万人、今後50年には40万人もの超過ガンが発生するとの予測をしていました。
3月30日に発表されたこの論文は、これまで公式な日本語訳がありませんでしたが、このほど、ウェブ上で発表されました。
当ブログとしては、下記リンクにて、まずは一切の評価を加えず、この論文の紹介のみを行います。とにかくみんなで読んでみましょう!

ECRRクリス・バズビー論文「福島の破局的事故の健康影響」日本語訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください